日清行列のできる店のちゃんぽん 長崎特濃ちゃんぽん

<評価>

麺  :★☆
スープ:★★
具材 :★☆
価格 :★

総合点:★☆


<寸評>

ふたに「長崎といえばちゃんぽん」などとある。
こんなに高いカップちゃんぽんは初めて。ふたの写真に大きなかにかまが写っていたので、さぞやと思っていたら、乾燥物でがっかり。しかもいくぶん小さくないか。肩を落としつつ5分待って食す。麺は太い縮れ麺。スープとよく絡むのだが、そのスープが合っていない。まるでポタージュのような香りと味だ。食えないわけではないが特別旨いとも思わない。がっかりしたかにかまを摘んで食べる。そのとき衝撃。極めて旨い。蟹そっくりの風味と味がしっかり染み込んでいて、クリーンヒット。ただしそれ以外の具材がトホホ。キャベツはほんとうに不要。スープだけを単独で飲むと、麺に絡ませるのとはまた別の味わいがある。とても濃厚で、まろやか。旨い。いがらっぽいぶん、減点。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :260円
待ち時間:5分

麺 :味付麺
具材:かにかま、人参、きくらげ、コーン、キャベツ、いか(乾燥)

夏のもやし味噌ラーメン

<評価>

麺  :★★☆
スープ:★★
具材 :★☆
価格 :★★

総合点:★★


<寸評>

サークルKサンクス限定発売。ふたに「シャキシャキもやしに、ピリ辛味噌。その味わいがすっきり旨い!」などとある。
七日連続の辛味物。そろそろ限界。しかし「ピリ辛」なのでまだましかと思う。が、箸をつけて大間違いに気付く。明らかに「ピリ辛」の範疇を逸脱してはいないか。スープの色合いからして単なる味噌ラーメンではないと判る。飲むと味噌の甘みがあって、それは大変結構なのだが、そのあとから辛さが押し寄せてくる。おいしいけど辛いという、二律背反に引裂かれそうだ。麺は中太縮れ麺。コシがあってうまい。具は野菜だらけ。レトルトのもやしがうまい。食感の心地よさが味わえる。そぼろ肉は存在感ゼロ。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :248円
待ち時間:4分

麺 :味付麺
具材:もやし、人参(レトルト)、コーン、ねぎ、キャベツ、鶏豚挽肉(乾燥)
薬味:赤唐辛子

日清のとんがらし麺 熟辛豚キムチ

<評価>

麺  :☆
スープ:☆
具材 :なし
価格 :☆

総合点:☆


<寸評>

カップに「この旨さ、品質の辛味」「日清特製とうがらし練り込み麺」などとある。
六日連続で辛味物。しかもとんがらし麺。ひたすら忍の一字。担々麺のほうはどんぶりサイズだったが、こちらはタテ型カップ。中身にどう違いがあるのか知らないが、またも唐辛子を半分ほど振りかけて食べる。ちょっとだけスナック麺に近い感じ。それほど辛くない。恐ろしいことに慣れはじめてきているのか。それもひとえに唐辛子を練りこんだと言っても、ツンとした臭いがしなくて食べやすいからなのだが・・・。小さなキムチ片を一枚取って食べる。こちらのほうがよっぽど辛い。粗方食べてから唐辛子をすべて投入。どういうわけか、これも思ったより辛くならなかった。最後にスープ。さすがに刺激が強いが、担々麺ほどではない。ただ、漬物臭い。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :118円
待ち時間:3分

麺 :味付油揚麺
具材:味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ(乾燥)
薬味:赤唐辛子、ごま

TORIUMA 鶏ウマしおヌードル

<評価>

麺  :★☆
スープ:★☆
具材 :★☆
価格 :★★

総合点:★☆


<寸評>

サッカーW杯ドイツ大会開催中。カップに「4-4-2 旨さのフォーメーション」「野菜2 魚介4 鶏4」「4-4-2の配合でスープを組んだしお。鶏ささみと鶏肉団子入りサッカーファン必食ヌードル」などとある。
麺はよくある丸いスナック麺。具はまたぞろたっぷり。前回より味の調和は出来ている。ただ、ささみが味気ない。スープは鶏が前面に出ている感じ。塩という印象がしない。まずくはない。


<データ>

メーカー:エースコック
価格  :150円
待ち時間:3分

麺 :味付油揚麺
具材:鶏ささみ、鶏肉団子、コーン、ねぎ(乾燥)
薬味:唐辛子

すうどんでっせ

<評価>

麺 :★☆
つゆ:★☆
具材:☆
価格:★★

総合点:★☆


<寸評>

ふたに「素材の味を引き出しました」「めっちゃ効いてる利尻昆布の旨味」などとある。
効いてるというほど昆布の味はしない。むしろ至極あっさりしている。それゆえか、麺が油っこく感じて仕方がなかった。つゆも同様。具はすべて粉末スープといっしょに封入。みじん切りの油揚が哀しい。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :88円
待ち時間:5分

麺 :味付油揚麺
具材:油揚、揚げ玉、ねぎ(乾燥)

スーパーカップEX 辣醤チゲラーメン

<評価>

麺  :★☆
スープ:★☆
具材 :☆
価格 :★☆

総合点:★☆


<寸評>

ふたに「マイルドな辛さと旨さ!」「唐辛子から生まれた辣醤ペースト使用」などとある。
連日辛いものが続く。我慢。辣醤なるものを使っているらしいが、辛いものの見た目はみんな同じで解らない。ただ、香りはいい。鶏油が効いているのか。麺はやや幅の広いスナック麺。スープも含め、味はそれほど悪くない。辛さも中くらいといったところ。具は貧弱で旨くもなんともない。最後に直接スープを飲む。漬物臭くなく、なかなかいける。頷きかけたころに辛さが来て、賞味中止。辛いものはやっぱり不得手。


<データ>

メーカー:エースコック
価格  :176円
待ち時間:3分

麺 :味付油揚麺
具材:鶏豚挽肉、キムチ、ニラ(乾燥)
薬味:にんにく、唐辛子

TORIUMA 鶏ウマ豚骨しょうゆヌードル

<評価>

麺  :★☆
スープ:★☆
具材 :★☆
価格 :★★

総合点:★☆


<寸評>

サッカーW杯ドイツ大会開催中。エースコックがさりげなく便乗。カップに「3-5-2 旨さのフォーメーション」「野菜2 豚5 鶏3」「3-5-2の配合でスープを組んだ豚骨しょうゆ。鶏唐揚げと鶏肉団子入りサッカーファン必食ヌードル!」などとある。
麺はよくあるスナック麺。コシがある。具は結構たっぷり。特に肉団子の大きさが目を惹く。味もなかなかだが、味のバランスという意味では疑問。麺と食べてもおいしくない。スープはなぜか鶏ガラをいちばん強く感じる。いがらっぽい。


<データ>

メーカー:エースコック
価格  :150円
待ち時間:3分

麺 :味付油揚麺
具材:鶏団子、鶏唐揚、コーン、ねぎ(乾燥)
薬味:唐辛子

日清のとんがらし麺 熟辛担々麺

<評価>

麺  :☆
スープ:なし
具材 :☆
価格 :☆

総合点:☆


<寸評>

ふたに「この旨さ、品質の辛味」「辛さが調節できる! 粗挽き旨唐辛子」「日清特製とうがらし練り込み麺」などとある。
恐怖のとんがらし麺、再来。しかし辛さを調節できるようで、そこは一安心。ところがふたを開けてみると、なんの変哲もない唐辛子入りの小袋がひとつ。どうやら、唐辛子は別包にしたのでちびちび混ぜながら食べてください、ということらしい。そんことならいちいち気を回されなくても解っている。オレンジ色のスープに浮ぶオレンジ色の麺。色調からして毒々しい。しかし世の中にはこれを好んで食する人びとがいるのだろう。前回の経験から、唐辛子を半分ほど入れてみる。恐々麺を啜って拍子抜け。大して辛くない。色合いに騙されたような気がする。麺は中細の縮れ麺。お世辞にも上等とは言い難い。具の存在感はゼロ。香りだけは担々麺。あらかた麺を片付けて、最後に残った唐辛子をすべて混入。こうなるとさすがに辛い。舌、口、唇と、続々と陥落。じかにスープを飲むが、しっかり後からくる辛さ。飲めない。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :99円
待ち時間:4分

麺 :味付麺
具材:鶏豚挽肉、ちんげん菜、レッドベルペパー、ねぎ(乾燥)
薬味:ごま、赤唐辛子

夏の辛味噌 ねぎらーめん

<評価>

麺  :★★
スープ:★☆
具材 :★
価格 :★☆

総合点:★☆


<寸評>

ふたに「この辛さがたまらない!」「特製辛味噌ダレ付き」などとある。
麺は平たい縮れ麺。コシがあって旨いのだが、この段階ですでに辛さが上ってくる。経験上、麺を啜って辛いものはかなりのものだと判る。ウリのねぎは固形タイプで野菜らしさが残っている。これまでねぎラーメンと称するカップ麺をいくつか食べてきたが、それらのうちでは最もねぎラーメンらしいのではないか。しかしながらすべて茎に近い部位であり、独特のぬめり(これ自体は個人的に苦手としない)がある他は風味において著しく欠ける。量はたんまりあるものの、さすがにこれだけでは寂しい。最後にスープ。覚悟したが、飲んでみると思っていたより辛くはない。たぶん絡みのいい麺を使っていたからだろう。味が濃いので味噌の味は感じるが、さすがに喉の奥には焼け付くような刺激がいつまでも残る。舌も火傷したように感覚を失いだして、続けて飲むのはちょっと苦痛。味そのものはいいだけに無念。


<データ>

メーカー:ヤマダイ
価格  :208円
待ち時間:5分

麺 :ノンフライ
具材:ねぎ(乾燥)
薬味:にんにく、唐辛子、しょうが

美味辛 醤油とんこつ

<評価>

麺  :★★☆
スープ:★☆
具材 :★★☆
価格 :★★

総合点:★★


<寸評>

ふたに「醤油・背脂・鶏・豆板醤、この4つの出逢いが生んだ、至極のピリ辛スープが決め手」などとある。
麺は細いストレート麺。多少おどおどしていたが、麺を啜っているうえでは辛さを感じなかった。すこしコシが物足りないが、旨い。具も大きめで満足。叉焼は濃すぎない味付で、歯ごたえも柔らかすぎず良い。ただ、挽肉はびっくりするほど存在感がない。最後にスープ。さすがに辛い。舌が参ってひとつひとつの調味料の味は判別できないが、コクがあって、ほのかに旨味を感じる。これが辛味物でスープの旨味が判る限界かと思う。


<データ>

メーカー:東洋水産
価格  :248円
待ち時間:4分

麺 :味付麺
具材:叉焼、メンマ(レトルト)、ねぎ(乾燥)
プロフィール

麺太郎

Author:麺太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク