一平ちゃん 夜店の焼そば どカラムーチョ ホットチリ味

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

コイケヤとの共同開発。
包装に「が辛くてなぜおいしい!」「はっきり言って結構辛口! むちょむちょ辛口!」「ホットチリマヨ付」などとある。
麺はいつもの油揚麺。ソースの混ざりはいまひとつ。パウダーが大量に入るのも原因のひとつ。食すと、辛い。覚悟はしていたが、真夏には過酷。マヨネーズも辛く、避暑地にはなり得ない。具はこれまたいつものキャベツ。根性だけで完食。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :108円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)
薬味:マヨネーズ

銀座デリー監修 大人のカシミールカレー焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「極辛」などとある。
麺はノンフライの中細麺。ソースはよく混ざる。赤黒いカレーの色をしている。食すが、ひと口目で強烈に噎せ返ってしまう。辛い。激辛だ。猛暑とのダブルパンチに耐えつつ、麺を完食。しかし気管支から口唇にかけて深刻なダメージを負うことに。味もなにもない。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :243円
待ち時間:3分

麺 :ノンフライ
具材:鶏豚肉そぼろ、赤ピーマン(乾燥)

一平ちゃん 夜店の焼うどん いなり寿司味

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「寿司がり風味マヨ付」「食べ慣れた味が焼うどんになりました」などとある。
どうしてこうも一平ちゃんは我に試練を与えるのか。焼うどんに稲荷寿司・・・。ガリ味のマヨネーズ・・・。しかもそれらを温かくして食さねばならない。ソースを混ぜると酢の甘酸っぱい臭いが立ち昇る。ここでリタイヤしてしまいたいくらいだ。マヨネーズを付けて食すと、想定どおりに甘酸っぱい。ガリ風味のほうはそれほど強くない。それで多少味も紛れるが、違和感のほうが遥かに強い。麺はよくあるうどん麺。具には甘い油揚が入って、この甘さがほんとうにきつい。意地と根性で完食するが、精神的に負ったものは計り知れない。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :127円
待ち時間:5分

麺 :油揚麺
具材:油揚(乾燥)
薬味:マヨネーズ、ごま、紅生姜

日清焼そばU.F.O. 濃厚激辛ソース焼そば

<評価>

麺  :☆
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「旨さ凝縮ソースに唐辛子のHOT!な辛さ」「辛さ2倍パウダーで超激辛にも!」などとある。
麺はお馴染みとなったまっすぐした油揚麺。ソースの風味はレギュラーとあまり変わりなく感じる。混ざりも申し分ない。激辛成分のパウダーは加減して投入。しかし、辛い。猛烈な辛味だ。輪切りの唐辛子も一般的なものよりサイズが大きく、口に入るたび的確にダメージを与えてくる。気合で完食したが、精も根も尽き果てた。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :127円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)
薬味:赤唐辛子

ペヤングやきそば すっぱからMAX

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「1度で2度の衝撃!!」などとある。
恐懼しつつ衝撃に備える。麺はいつもの油揚麺。ソースの混ざりはやや濃淡ができる。食すと、酸辣湯麺と同質の酸っぱさが強烈にやって来る。一方で辛味は弱めかと思いきや、後から猛烈な強さで覆いかぶさってくる。とても賞味できるような味ではない。中途で断念。


<データ>

メーカー:まるか食品
価格  :195円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:海老、キャベツ、にら、ピーマン(乾燥)

日清焼そばU.F.O. 旨辛味噌 大辛あんかけ風焼きそば

<評価>

麺  :☆
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:☆


<寸評>

包装に「湯切りなし簡単焼そば!」などとある。
湯切りをしない焼そばの第二弾。辛味物・・・。麺はまっすぐした中細麺。混ぜるが、思っていたよりも水っぽい。とろみが弱く、スープ状とさして変わらない。しかし、食すと味噌らしい旨味はよく伝わる。同時に、強い辛味も込み上げてくる。激辛、というほどではないが、辛さに弱い当方には覿面。具も辛さに呑まれる。根性だけで完食。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :105円
待ち時間:4分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ、きくらげ、人参(乾燥)

日清焼そばU.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「ガツンと刺激的!」などとある。
麺は平たくまっすぐな油揚麺。厚みがある。ソースのまざりはそれなり。黒胡椒がドサリと入り、食すと口の中は胡椒一色。辛い。味がない。なにもかもがスパイスに掻き消され、とても賞味できる代物ではない。男の意気地で完食するものの、ダメージは深刻。不味い。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :192円
待ち時間:5分

麺 :油揚麺
具材:豚ミンチ、キャベツ(乾燥)

銀座デリー スパイシーマサラカレー焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「大辛」などとある。
麺はよくある油揚麺。ソースはやや斑ができる。カレーの風味は食欲をそそられるが、辛味はどうか。食す。考えていたよりは弱めの刺激だが、それも束の間、口の中が燃えてくる。辛い。カレーの旨味は判別できるが、とても味わえるような水準にない。根性で麺だけ食べ切る。苦悶。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :213円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏豚挽肉、赤ピーマン(乾燥)
薬味:パセリ

帰ってきた暴君ハバネロ ウマ辛焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

東ハトとの共同開発。ローソン限定販売。
包装に「スナック『帰ってきた暴君ハバネロ』を砕いてまぶすとさらに絶叫じゃ!」などとある。
十年ぶりの帰還。麺は中細。ソースは液体と粉末。粉末の混ざりがいまいち。ひと口目はパウダーのきつめの味だったが、直後に猛烈な辛さが押し寄せてくる。止めようもない。噎せ返るほどの辛味。完食できるわけがない。真冬に顔じゅうから体液を漏出させつつ、断念。


<データ>

メーカー:サンヨー食品
価格  :216円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏豚そぼろ、キャベツ、ピーマン(乾燥)

ペヤングやきそば もっともっと激辛MAX

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

あの激辛をさらに高めた激辛商品。みずから地獄の釜の蓋を開けにゆく。ソースの混ざりは不必要なほどによい。食すと、まずは旨味。しかし、直後から火で炙られたような痛みが口の中全体を覆い尽くす。食べられない。限界を超えている。分解に来たバクテリアでも死に絶えてしまうにちがいない。数口で放棄。あとは大量の水と鼻水。


<データ>

メーカー:まるか食品
価格  :198円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏挽肉、キャベツ(乾燥)
プロフィール

麺太郎

Author:麺太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク