銀座デリー スパイシーマサラカレー焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「大辛」などとある。
麺はよくある油揚麺。ソースはやや斑ができる。カレーの風味は食欲をそそられるが、辛味はどうか。食す。考えていたよりは弱めの刺激だが、それも束の間、口の中が燃えてくる。辛い。カレーの旨味は判別できるが、とても味わえるような水準にない。根性で麺だけ食べ切る。苦悶。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :213円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏豚挽肉、赤ピーマン(乾燥)
薬味:パセリ

帰ってきた暴君ハバネロ ウマ辛焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

東ハトとの共同開発。ローソン限定販売。
包装に「スナック『帰ってきた暴君ハバネロ』を砕いてまぶすとさらに絶叫じゃ!」などとある。
十年ぶりの帰還。麺は中細。ソースは液体と粉末。粉末の混ざりがいまいち。ひと口目はパウダーのきつめの味だったが、直後に猛烈な辛さが押し寄せてくる。止めようもない。噎せ返るほどの辛味。完食できるわけがない。真冬に顔じゅうから体液を漏出させつつ、断念。


<データ>

メーカー:サンヨー食品
価格  :216円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏豚そぼろ、キャベツ、ピーマン(乾燥)

ペヤングやきそば もっともっと激辛MAX

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

あの激辛をさらに高めた激辛商品。みずから地獄の釜の蓋を開けにゆく。ソースの混ざりは不必要なほどによい。食すと、まずは旨味。しかし、直後から火で炙られたような痛みが口の中全体を覆い尽くす。食べられない。限界を超えている。分解に来たバクテリアでも死に絶えてしまうにちがいない。数口で放棄。あとは大量の水と鼻水。


<データ>

メーカー:まるか食品
価格  :198円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏挽肉、キャベツ(乾燥)

一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「ケチャップとマヨネーズのうまいうまいミックス」「オーロラソース付」などとある。
焼そばにオーロラソース・・・目を背けてはいかない。勇を鼓して食す。麺は太麺。かなり斑が生じる。食味は、ほとんどケチャップソース。ナポリタン風焼そばとしか感じない。付け合わせのオーロラソースもソースの味に同調して存在意義が薄弱だ。違和感が強く、不味い。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :105円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)
薬味:パセリ、オーロラソース

一平ちゃん 夜店の焼そば 旨辛スパイシーガーリック味

<評価>

麺  :☆
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:☆


<寸評>

包装に「こってり旨辛! 花椒の刺激がクセになる!」などとある。
辛味物の攻勢が続く。続けざまに食すと体に悪そうなので、一日おきにトライしているが、いっこうにこの進軍が途切れる気配がない。麺はいつもの油揚麺。ソースには粉末のふりかけも付く。混ぜると、わりと斑が出来る。食すと、それほど痛烈な辛さではなかった。ただ、旨味はすぐに呑まれる。花椒は控えめ。マヨネーズとソースの斑で味を中和し、なんとか完食。具はいつものキャベツのみ。


<データ>

メーカー:明星食品
価格  :127円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)
薬味:マヨネーズ

ごつ盛り ごっつい辛さのごつ辛焼そば

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「唐辛子の刺激的すぎる辛み!」「期間限定」などとある。
麺は中細。粉末主体で、混ざりが悪い。白が出来る上、ダマにもなりやすい。食すと、これが想像を超えた辛さ。激辛。緊急事態。味覚のJアラートだ。麺を詰め込むたびに目鼻から体液が押し出されてくる。根性で完食するが、賞味できる代物ではない。


<データ>

メーカー:東洋水産
価格  :118円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)

わさビーフ味焼そば 大盛り

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

山芳製菓との共同開発。
包装に「わさびの風味とビーフの旨味がクセになる!!」などとある。
最近菓子とのコラボレーションを連発しているエースコックだが、この銘柄だけは・・・恐懼しつつ食す。麺は太麺。少量のオイルに、大量のシーズニング。やや斑ができるが、ひと口でさしたる影響はないと感得する。特有の刺激が内側から鼻腔を襲い、激しい苦しみに咳き込みを抑えられない。少量ずつ口に運んでなんとか食べきるが、味も何もあったものではなかった。


<データ>

メーカー:エースコック
価格  :228円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏豚挽肉、キャベツ(乾燥)

ペヤングやきそば W激辛 HALF&HALF

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「激辛!カレー 激辛!ソース」などとある。
遂に訪れた試練の秋。覚悟して食すが、ソースは手が勝手に四分の一ほどに減らしてしまう。混ざり具合を減らしてでも完食を目指す。が、ほんのわずかな量にもかかわらず、仰け反るほど辛い。味よりも辛さを追求したようなソースで、食品というより薬品だ。健康に害が及びそうな猛烈な辛さだ。結局、半分食して断念。猛暑の激辛焼そばに精魂尽き果てた。


<データ>

メーカー:まるか食品
価格  :254円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:鶏挽肉、キャベツ(乾燥)

日清焼そばU.F.O. BIG わさマヨ地獄

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「この刺激からは抜け出せない!」「U.F.O.ソースに史上最大量 じごく25.9g わさびマヨネーズ」などとある。
焼そばに大量のわさびマヨネーズ・・・。麺はいつものまっすぐな油揚麺。ソースは定番のもの。具も馴染み深いキャベツ。そこへ大袋のわさびマヨネーズを垂らす。ちびちびとやるが、鼻へ抜ける刺激が強く、二、三度身もだえする。とても賞味できるような代物ではない。最後はマヨネーズを省いて麺だけ完食。


<データ>

メーカー:日清食品
価格  :192円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:キャベツ(乾燥)
薬味:わさびマヨネーズ

ペヤングやきそば 酸辣MAX

<評価>

麺  :なし
ソース:なし
具材 :なし
価格 :なし

総合点:なし


<寸評>

包装に「極限的酸味」などとある。
うんざりしつつ食す。麺はいつものペヤング。ソースの混ざりはそこそこ。口に運ぶと、想像していたほどのきつさはないものの、やはり辛味と酸味の相乗効果は強烈。焼そばではなく、ただの炭水化物、人間用のエサとしてなんとか完食。後の辛さで唇まで痺れる。


<データ>

メーカー:まるか食品
価格  :195円
待ち時間:3分

麺 :油揚麺
具材:玉子、きくらげ、人参、ねぎ(乾燥)
プロフィール

麺太郎

Author:麺太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク